転職 How to

転職 How to
2023.01.19

【オンライン面接】守るべきマナー・注意点・ポイントとは?

オンライン面接において守るべきマナーや注意点、ポイントなどを解説しています。これから初めてオンラン面接を受ける方、また久しぶりに受ける方でも、再度、事前に確認しておくことで当日をスムーズに乗り切ることができるようになりますよ!

はじめに

オンライン面接とは、オンライン上で企業と応募者がインターネットを介し面接を行うことです。新型コロナ感染拡大防止対策やリモートワークの推進などから、近年オンライン面接を導入する企業が増加しています。

面接会場へ直接出向く必要もないため、交通費削減や場所、時間に縛られないなど応募者のメリットも多くあげられます。しかし初めての方や、久しぶりに受ける方は戸惑うことも多いのでは? そこで今回は、これからオンライン面接を行う方に向け、守るべきマナーや注意点、ポイントなどの基本を分かりやすく解説していきます。ぜひこれからのオンライン面接にお役立てください。

オンライン面接で守るべきマナー

入室は開始10分前にはスタンバイ

オンライン面接では、10分前までに「あとはログインするだけ!」という状態にスタンバイしておくと慌てずに開始することができます。5分前になりましたらログインし、入室許可になるまで静かに待ちましょう。また、開始時間より少し早めに面接が始まる場合もあります。入室した時点で、いつ始まってもいいように心の準備をしておいてください。 またオンライン面接を行う際に、「スマートフォンでも大丈夫かな?」と疑問に感じる方も多いでしょう。オンライン面接では、カメラ機能とマイク機能があればパソコンに限らず、スマートフォンでも大丈夫です。その際はパソコンのように安定させることが難しいため、スマートフォン用の三脚などを利用することをおすすめします。三脚は、100円ショップなどで手軽に購入することができますので、高さが調節できるものを選ぶと良いでしょう。

静かな部屋の確保

オンライン面接では、周りの雑音が気になり面接に集中できない場合もでてくるため、静かな個室などを確保する必要があります。自分では普段気にならない範囲の音でも、マイクや使用するツールが予想以上に周囲の音を拾い、相手に聞こえてしまう可能性があるからです。

対策としては、窓やカーテンを閉める、雑音を拾いにくいマイクを使用するなどがあげられます。基本的に、自宅で受けることをおすすすめしますが、どうしても自宅が難しい場合は、個室のレンタルオフィスや会議室、ホテルの一室などインターネット環境が整っている場所を選ぶと良いでしょう。その際は、有料になりますが周囲を気にすることもないため、検討してみるのも良いかもしれません。

声のトーンや目線を意識する

オンライン面接では、カメラを自分の目線の高さに合わせるように設置、声のトーンは明るくハキハキと話すことを意識してください。カメラの位置によっては相手側から見た場合、「上から目線」に映ってしまう場合があるため注意が必要です。

また、オンラインではタイムラグが発生し聞き取りにくい場面などありますが、その際は落ち着いて聞き返し回答することが大切です。当日、安心して面接を受けるためにも、事前に友達や家族のデバイスを通し声や目線などを確認しておくことで、トラブルに対しても柔軟に対応することができるようになるでしょう。

オンライン面接での服装

スーツの場合

特に洋服の指定がない場合は、基本的にスーツ、色はブラックやネイビー、グレーなどダーク系のものを選び、派手な印象を与えない無地が適切です。身だしなみは、評価の対象となるため気持ちを引き締めて臨みましょう。

またオンライン面接では顔周りが中心に映りますが、上はスーツ、下はパジャマなどで受けることがないよう、全身チェックされているという意識を持つとともに、スーツのしわやシミなどがないか最終チェックも忘れずに行ってください。

私服の場合

私服で指定された場合は、フォーマルな印象を与えるオフィスカジュアルをおすすめします。オフィスカジュアルとは、スーツほど固い印象ではないがビジネスシーンに通用する服装のことを指し、基本的に「シンプル」「清潔感」を重視すると好印象を与えることができます。

たとえば男性の場合は、ジャケットに襟付きのシャツ、チノパン。女性の場合は、ジャケットやカーディガンにシャツまたはブラウス、カットソーなどシンプルな服装であればカジュアルでありながら、きちんと感も演出することができるでしょう。

オンライン面接での注意点やポイント!

背景が「白」になるよう設置

オンライン面接では、「白」になる壁などを背景に設置することで、清潔な印象を与えることができます。装飾品や生活感ある家具や家電などが映り込んでしまった場合、どうしても面接官の注意がそちらに向いてしまい、お互い面接に集中できない可能性があるからです。

またバーチャル背景は、「動くと不自然になってしまう」「部屋が片付いていないのでは?」など、連想させてしまうためおすすめできません。白い壁がない場合は、「白や淡い色のカーテン」「家具を白い布で覆う」「白い背景紙」などで対応すると良いでしょう。

通信トラブルは慌てず対処

オンライン面接では、「接続しようとしたら繋がらない」「音声が途切れる」「映像がフリーズ」などのトラブルはおきがちです。その際は、慌てず落ち着いて対処することが大切なポイントです。

まず接続先に繋がらない場合は、IDやパスワード、URLは間違っていないかを確認します。それでも繋がらない場合は、人事部に直接連絡してください。また面接の途中で、「音声が途切れる」「映像がフリーズ」など起きた場合、すぐに回復すれば良いのですが続く場合はチャット機能を使い連絡、慌てず指示を仰ぎ対応します。

アイコンやアカウント名を変更

普段利用しているアイコンやアカウント名などを利用している場合は、ビジネスシーンにあったものに変更しておきましょう。アカウント名はフルネーム、画像を登録する際は証明写真、また登録せずそのままでも大丈夫です。

まとめ

今回はオンライン面接の基本的な情報として、守るべきマナーや注意点、ポイントなどについて解説いたしました。

オンライン面接では、直接会場へ出向く手間などが省かれる分、「通信環境」「ツールのインストール」「個室の確保」などの準備が必要になってきます。特に初めての方にとっては不安なことも多いことでしょう。しかし当日までに一つずつ着実に準備を行う、または繰り返し練習を重ねることで、スムーズにオンラン面接を行うことができるようになります。

十分な確認や練習を行ったあとは、十分な睡眠や食事をとり、健康面においても万全な体制で当日をお迎えください。