工場用語辞典

安全管理者 【よみ】 あんぜんかんりしゃ 【英語】 Safety manager

安全管理者は、事業場で労働災害を防止するために、安全衛生に関する管理を行う専門職です。労働安全衛生法に基づき、事業者は安全衛生管理者を置かなければならない場合があり、その役割は非常に重要です。

安全管理者の役割

安全管理者の主な役割は以下のとおりです。

  • 安全衛生計画の作成及び実施: 事業場の状況を分析し、リスクアセスメントに基づいて安全衛生計画を作成・実施します。
  • 教育訓練の実施: 労働者に安全衛生に関する教育訓練を実施します。
  • 安全パトロールの実施: 定期的に事業場を巡視し、安全衛生上の問題点を発見・改善します。
  • 労働災害の調査: 労働災害が発生した場合、原因を調査し、再発防止策を講じます。
  • 関係機関との連絡: 労働基準監督署や関係機関との連絡・調整を行います。
  • 法令遵守状況の確認: 安全衛生に関する法令の遵守状況を確認します。
  • その他: 上記以外にも、事業場の状況に応じて様々な役割を担います。

安全管理者の選任

安全管理者は、以下の条件を満たす者を選任する必要があります。

  • 厚生労働大臣の試験に合格している者
  • 大学等で安全衛生に関する専門知識を修得している者
  • 一定期間の実務経験を有する者

具体的な選任方法は、事業場の規模や業種によって異なります。

安全管理者の責務

安全管理者は、労働災害を防止するために、以下の責務を負います。

  • 安全衛生計画に基づき、安全衛生管理を適切に行う
  • 労働者に必要な教育訓練を実施する
  • 安全パトロールを実施し、安全衛生上の問題点を発見・改善する
  • 労働災害が発生した場合、原因を調査し、再発防止策を講じる
  • 関係機関との連絡・調整を行う
  • 法令遵守状況を確認する

安全管理者は、これらの責務を怠った場合、罰則を受けることがあります。

安全管理者研修

安全管理者は、定期的に研修を受講する必要があります。研修では、安全衛生に関する最新知識や法令改正内容などを学び、安全管理能力の向上を図ります。

安全管理者の重要性

安全管理者は、労働災害を防止するために重要な役割を果たしています。安全管理者が適切に安全衛生管理を行うことで、労働者の安全と健康を守るだけでなく、事業場の生産性向上にも貢献することができます。